高級なクラブで働くか、キャバクラでボーイとして働くか、どちらを選ぶかは悩みどころだと思います。
なんせどちらも同じような仕事だと思って応募をすると、お店の雰囲気から求められるスキルまでが結構違うのです。
そこで、今回は高級クラブのボーイとして働く場合のメリット&デメリットについて情報を少しまとめてみました。

メリット1.お客さんの数が少ないから楽

ボーイの仕事って結構ハードだという話はよく聞きますが、それは大抵のお店ではお客さんがかなり多いから捌くのが大変で忙しいということです。
例えば忘年会シーズン真っただ中でバタバタしている居酒屋さんで働くようなもの。

でも、こんな感じで慌ただしくなるのは一般的にはキャバクラの方で、高級クラブの方ではそのようなことはほとんどありえません
そもそもが大人の社交場として機能している店舗が多いため、人の出入りが激しく、賑やかになるということは基本的に起きることがありません。
その点では、キャバクラと比べるとかなり楽に感じると思います。

メリット2.給料がいい!

みなさんはキャバクラで働いた場合のボーイの平均お給料のことは知っていますか?
例えば未経験の場合は、時給が1000円スタートで、月に20万円前後からというお店が多いようですが、高級クラブはもっと良いお給料がもらえます。

スタートでも25万円から、平均でみてみると30〜35万円スタートと表記しているお店も多く、基本的にお給料の平均はキャバクラのボーイと比べると、かなりの開きがあるようです。

メリット3.一流の社交場で人脈が広がる

キャバクラのボーイと比べると、高級クラブに来る方は各界で一流と呼ばれるような方が多いのが特徴です。
キャバクラのメインは女の子と楽しむこととされますが、高級クラブは大人の社交場と呼ばれていて、確かに綺麗な女性が接客をしてくれるのですが、女性を楽しむというよりは、場所や空間そのものを楽しむこと、情報交換や交流などを目的としています。

会員制サロンのようなものを思い浮かべると分かりやすいかもしれませんね。
そのため、必然的に人脈が広がる可能性もあるのです。

デメリット.礼儀作法に厳しい

一流が集まる社交場として機能しているので、基本的に例説がなっていない方はNGとされます。
また、働くあたってはルールやマナーを重んじることができる、機転が効くなど、要領の良さや頭の回転の速さを求められることも多いと思います。
高いスキルを持っている、あるいは高いスキルを身につけたい人ではないと続けるのは難しいでしょう。